どんなタイプの住宅なのか

家の模型とお金

「注文住宅」は、三島市でもよく選ばれているタイプの住宅ですが、実際にどんなものかよく分からないという人もいるでしょう。このタイプの住宅は、文字通り、ハウスメーカーや工務店などに注文することで作り始める住宅であり、設計を一からやったり、建材や設備を自分で選んだりできるという特徴があります。あらかじめ完成した住宅(土地付き)を購入する「建売住宅」とは対照的なものであり、さまざまなことを自分で決められるという自由度の高さが一番のメリットになっていると言えるでしょう。ただしそしてこのタイプの住宅は、自分で土地を用意する必要があるため、土地を持っていない場合は土地探しから始めることになりますし、設計や計画、建築そのものにも時間がかかるという点がデメリットです。また注文住宅には、フルオーダー型とセミオーダー型の主に2種類があり、それぞれ自由度に違いがあります。「フルオーダー型」は、設計や建材選びなどの建築に関するすべてを自由に決められるものであり、高いオリジナリティや最高品質の住宅を求める人に向いています。一方の「セミオーダー型」は、基本となる仕様は変更できないものの、間取りや設備などを自由に決められるというものであり、現在の注文住宅の主流になっているスタイルだと言えるでしょう。

どんな目的で選ばれているのか

三島市でなぜ注文住宅が選ばれるのかというと、それは、自分の理想に合った住宅を作りたいという目的があるからだと言えます。建売住宅はすでに完成した住宅を購入するだけなので、契約後すぐにでも住むことができて便利なのですが、いわば既製品のようなものなのでオリジナリティがありません。それに建売住宅の場合は、もともとあるもの(間取りや設備など)を選ぶしかないため、不満があっても妥協しなければならないということもデメリットです。その点、注文住宅であれば、住宅建築に関するあらゆる部分を自分で決めることができるので、満足度の高い家を作ることができます。そして注文住宅というのは、自分で予算を調整することができるため、予算に応じた住宅を建てたいという目的で選ばれることもあります。このタイプの住宅では、自分のこだわりを追求しすぎて予算がオーバーしてしまうことも少なくありません。しかしこだわりの優先順位を決めて、あまりこだわらない部分のグレードを下げるなどすれば、全体の予算を上手く調整することができます。そのため、やり方によっては、建売住宅を同じぐらいの価格に抑えつつ自分の理想とする家を作ることも可能だと言えるでしょう。

広告募集中